« 13 手習い・目習い・耳習い | トップページ | 15 「60点でも生きられる」 »

14 ある社長に学ぶ

[たいたいブログ:014号]   

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
たいせいの生きいき人生論―(14)
******************************************

◎ 「規則正しい生活」

―――――――――――――――――――――――――――
14 ある社長に学ぶ 
―――――――――――――――――――――――――――

(1)勤勉を絵に描いたような人

 私の知人に、大変教わる事の多い社長がいらっしゃいます。仮に「A社長」と呼ばせていただきます。年齢は60代の真ん中、たたき上げの創業社長で勤勉を絵に描いたような人であります。

朝は5時から始動し、朝食前に一仕事済ませる。そして8時前には出勤し通常の業務をこなし、午後3時には自室に入る。そこに来客が絶えない。元来歯に衣着せない物言いと、気さくな性格で多くの人に親しまれている人です。私も時々お邪魔しますが、訪問者の絶えた例がありません。必ず誰か来ています。ある時など3組も一緒にワイワイやっていたことがありました。話を聞いているといずれも公私の境がはっきりしていない会話で、初対面の人でも何時しか巻き込まれてしまうのであります。

 そして、午後5時にはサッサと自宅に帰ってしまいます。それから、風呂に入って夕食を食べて10時に就寝するまでは、自分だけのくつろぎの時間だそうであります。

(2)生活のリズムを崩さない。

 このサイクルを1年中殆ど変えることはないのであります。

勿論出張や飲み会もない訳ではありませんが、基本パターンは殆ど変えないそうです。かのロケット博士と言われた糸川英夫先生がクラシックバレーをされていた頃、時間が来ると路上でも電車の中でも処かまわず踊りだされたそうです。つまり体が覚えている生活のリズムを崩さないことが如何に大切かということであります。私ごときがこのことを科学的・医学的に論証はできませんが、感覚的・経験的に十分頷けることであります。

(3)社長の予告

 A社長が定年退職後遊びに来た同級生に向かって「お前、今度何するんだ?」「今まで十二分に働かせてもらったから、今度はゆっくりさせてもらうつもりだ。」「そうか、お前死ぬぞ!」とズバリ言っています。

 A社長によれば、「可哀想だけどこれは当たる。」「定年後何もしないでフラフラしている奴は、間違いなく早死にする。俺の同級生にかなりいる。」と言って憚らないのであります。

(4)健康生活3原則

 A社長曰く、「人間は次のことを守っていれば健康で快適な人生を送れる。」

1) 規則正しい生活をする。

2) 前向きに生きる。

3) 体を動かす。

 この3つを実践しているのがA社長であります。A社長と付き合っていますと「なるほど」と思うことが少なくありません。まず、

・ 年齢よりもはるかに若い。

・ 行動が機敏で頭の回転も速い。

・ 考え方が積極的で夢がある。

 等々を感じるのであります。

最近若くして病に倒れたり、生活を狂わせたりする人が多いような気がします。

1日は24時間、1年は365日、万人に平等に与えられた時間の中で、自分の人生を如何に「すばらしい人生にするか、出来るか?」、かなりの部分が自らの生き方に係っているようにも思います。身近なところの生きたよき手本の存在に改めて気付かされたものでした。



※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************
◎ 発行者:たいたい(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行
◎ 見方・生き方・人生論あれこれ!
************************************************
※ 時節柄ご自愛の上、お元気でお過ごしください。

|

« 13 手習い・目習い・耳習い | トップページ | 15 「60点でも生きられる」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164819/29602643

この記事へのトラックバック一覧です: 14 ある社長に学ぶ:

« 13 手習い・目習い・耳習い | トップページ | 15 「60点でも生きられる」 »