« 16 「プレミアム商品券」 | トップページ | 今日の川柳(15) 時事 3 題 »

17 「不景気に学ぶ」

[たいたいブログ:017号]   

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
たいせいの生きいき人生論―(17)
******************************************

◎ 「人を育てているか」

―――――――――――――――――――――――――――
17 「不景気に学ぶ」 
―――――――――――――――――――――――――――

(1)世界不況

 世界不況の影響で景気がおかしくなり、企業の経営にもいろいろ影響が出ています。週休4日制、5日制という企業もあり、働く人にも社会全体にも大きな影響が出ています。好況不況は世の常とはいうものの、やはり不景気よりは好景気がいいのが人情です。

(2)治にいて乱を忘れず

 14兆円の景気刺激策やら、中小企業支援策に期待したいところですが、やはり基本になるのは各企業の基礎体力、足腰の強い経営が問われるようです。

 かの松下幸之助翁は「好景気良し、不景気更に良し」と言ったそうですが、平素の「治にいて乱を忘れず」の心構えが大切だということでしょう。

(3)会社の寿命は30年

 会社の寿命は30年と言われますが、正に「言いえて妙」であり、そのとおりであります。これについては中小企業だけではなく、大企業といえども例外ではありません。むしろある面では、傾きだしたら大企業ほどもろい、ということも多くの例が示すとおりであります。問題は体の大小ではなくて、経営に取り組む姿勢や考え方にあるようです。

(4)不景気に光る企業

 その例として、不景気になると決まって注目される企業があります。つまり世間の不景気を尻目に順調な売り上げを確保している会社です。全体の景気が良い時は目立たないのですが、悪くなると俄然目立ってくることになります。

 こういう企業の共通点はいろいろですが、その中から絞り込んで見ますと、

1)経営理念が明確であること。

2)本業に忠実であること。

3)研究熱心であること。

4)人材を育成していること。

 等々があるようです。どれをとっても大切なことばかりであります。

そしてこれらの一つ一つが独立分離しているわけではなく、夫々の相乗効果で成果を挙げているわけですが、このうち「人材を育成していること」がこのような時期には特に大切なようです。つまり日頃「人を育てている企業」ほど、光を発するように思われます。そして、不況時の特色として、個性の発揮より団結の強さが光ります。

 本来日本人が得意とする集団による力の発揮です。グローバル化や社会の変化で、日本的経営が見直されて久しいですが、「良いところ」は残して、更に磨いていくことが大切だと思います。

 不景気に学ぶことは少なくないように思います。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************
◎ 発行者:たいたい(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行
◎ 見方・生き方・人生論あれこれ!
************************************************
※ どなた様もご自愛の上、お元気でお過ごしください。

|

« 16 「プレミアム商品券」 | トップページ | 今日の川柳(15) 時事 3 題 »

商売・経営・従業員教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164819/29938945

この記事へのトラックバック一覧です: 17 「不景気に学ぶ」:

« 16 「プレミアム商品券」 | トップページ | 今日の川柳(15) 時事 3 題 »