人生

15 「60点でも生きられる」

[たいたいブログ:015号]   

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
たいせいの生きいき人生論―(15)
******************************************

◎ 「人生100点なんていらないよ」

―――――――――――――――――――――――――――
15 「60点」でも生きられる 
―――――――――――――――――――――――――――

(1)ある床屋さんの話

 昔から床屋さんといえば情報の集まるところとして知られていますが、私のいく床屋さんもご多分に漏れず、話題には事欠きません。その上店主の話術が面白いときているので、散髪をしている約1時間が退屈しません。さすがプロであります。先日も新型インフルエンザ・定額給付金・プレミアム商品券・山菜の出来具合・小学校の運動会・不景気・リストラ・北朝鮮・韓国・独居老人・老人ホーム等々話は多岐に渡り何処までも続きます。

(2)あるおばあちゃんに頼まれた。

 その中で「お年寄り」の話が出ました。近年お年寄りの頭を刈る機会が随分多くなったとのことです。そんなことからあるおばあちゃんに、定額給付金の申請書作成を頼まれることになったそうです。店主曰く「頼まれるままに引き受けて作成し投函してやった。」ということです。

それほど難しくない書類だけど、お年寄りにしてみれば大変で、頼みに来るまであれやこれや悩んだそうです。ですから、投函を確認してたいそう安心されたそうであります。

(3)間違えてもいいのにね。

 そこで床屋さんの感想一言「間違えてもいいのにね。」「書類が足りなけりゃ後で言ってくるし、間違えば確認の電話が来る」「何も完璧を目指す必要ないのにね。」と言われるのであります。お聞きするところによりますとこのおばあちゃん、「役所に出す書類だから不備があってはいけない。」「完璧でなければいけない。」「後から訂正や催促が来るなんて、罪にも値する。」くらいに考えているそうであります。ですから、それで悩みストレスになると言うのであります。

(4)40点間違うから面白いんだよ。

 店主は更に続けて、「間違えても誰も命までよこせとは言わないものね。」「人間は60点でも立派に生きてゆけるもの。」「人生100点なんていらないよ。だいいち、面白くないよ。」「40点間違うから面白いんだよ。」「40点が話題になるのさ。」「そこに味が出るのさ。」と自信たっぷりに仰るのであります。

 なるほど「60点人生・・・・。」含蓄のある言葉であります。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************
◎ 発行者:たいたい(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行
◎ 見方・生き方・人生論あれこれ!
************************************************
※ どなた様もご自愛の上、お元気でお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)